徳永直 - 浦西和彦

浦西和彦

Add: ehamoq19 - Date: 2020-12-13 17:08:58 - Views: 1932 - Clicks: 4830

作家の自伝 68 徳永直 (シリーズ・人間図書館)/佐伯 彰一/松本 健一/徳永 直/浦西 和彦(小説・文学) - 自伝、自伝的随想、日記、書簡、小説などによって作家の生涯を浮き彫りにするシリーズ。68巻では、「太陽のない街」で知られるプロレタリア作家・徳. 前田河廣一郎・徳永直・伊藤永之介・壺井榮集 フォーマット: 図書 責任表示: 前田河廣一郎 ほか 著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1973. 作家の自伝68 徳永 直. 浦西和彦著述と書誌 第1巻 (新・日本プロレタリア文学の研究). 監:佐伯彰一 松本健一 編:徳永 直:著 浦西和彦:編 2,600円+税 1998年04月刊: 作家の自伝67 中野重治.

筑摩書房, 1979. 監:佐伯彰一 松本健一 編:中野重治:著 杉野要吉:編. 報告者北村隆志氏は、「作品論に及ぶことは避けられない」と断りながら、岩渕論考が指摘するように、題材となる争議の指導者が「労働運動の中から」作家として『太陽のない街』(以下『街』)を書いた点に特徴があると述べつつ、同時に、浦西和彦氏の指摘のように、一九二六年一~三月.

浦西和彦 食文化・味覚雑誌目次総覧 人物書誌大系 1 徳永直 人物書誌大系 13 谷沢永一 人物書誌大系 16 葉山嘉樹 人物書誌大系 21 武田麟太郎 谷沢永一書誌学研叢 日本プロレタリア文学史年表事典 海野和子. 『作家の自伝68 徳永直』浦西和彦編(日本図書センター) 1998年281頁目次(収録作品)妻よねむれ文学的自叙伝一つの時期文学的生い立ちを回想したエッセイ「文学的自叙伝」、上京から「太陽のない街」の素材となった大争議までを描いた「一つの時. 占領開拓期文化研究会機関誌 フェンスレス オンライン版 Fenceless Online Edition ISSN第 5 号 (年3月20日発行) オンライン版 年3月20日公開. 徳永直「『太陽のない街』のころ--弾圧の近代化」『世界春秋』(世界出版社、1949年12月) 日本共産党東京都中部地区氷川下細胞「"太陽のない街"の伝統の旗」『前衛』1955年8月) 浦西和彦「徳永直『太陽のない街』発表年月・共同印刷争議・設定年月・絶版について」『国文学』(関西大学. 著者:徳永 直 編集:浦西 和彦 出版日:1998/4/25 徳永 直の紹介 徳永 直 (とくなが すなお、1899年(明治32年)1月20日 - 1958年(昭和33年)2月15日)は、熊本県飽託郡花園村(現熊本市)生まれの小. 横光利一研究年3月 もっとみる. 浦西和彦首藤基澄)。「日本人. 所属 (現在):三重大学,教育学部,准教授, 研究分野:日本文学,小区分0:日本文学関連,小区分01050:美学および芸術論関連, キーワード:翻訳文学,日本近代文学,プロレタリア文学,文化運動,プロレタリア,浦西和彦,比較文学,国際交流,プロレタリア文化,マルクス主義芸術, 研究課題数:4, 研究成果.

2【KH6-71】 pp. 徳永直: 塩川書房: 1930年05月05日: 3版(5月10日) 新鋭文学叢書: 約束手形三千八百円也: 徳永直: 改造社: 1930年11月15日: 太陽のない街: 徳永直: 岩波書店: 1950年08月05日: 岩波文庫: 特選 名著復刻全集 近代文学館: 徳永 直著 太陽のない街 戦旗社版: 徳永直: 日本. 日本プロレタリア文学の代表的な作家である葉山嘉樹や徳永直だけでなく、これまでプロレタリア文学研究では、なおざりにされてきた前田河広一郎、岩藤雪夫、里村欣三、伊藤永之介、山本勝治らを論じ、荒畑寒村や田口運蔵. 「活字史研究書としての徳田直『光をかかぐる人々』に見られる達成」 活字史研究について.

『浦西和彦著述と書誌』全4巻 和泉書院『「文化運動年表」明治大正編』三人社、 『文化運動年表 昭和戦前編』三人社 ; 編纂 『葉山嘉樹 桜楓社(近代文学資料)1973 『徳永直』日外アソシエーツ(人物書誌大系) 1982. researchmap is an information sharing platform for the researchers. 徳永直 浦西和彦 / 日外アソシエ-ツ 1982/05 税込¥4,180: 檀一雄 石川弘 / 日外アソシエ-ツ 1982/05 税込¥2,750: 幸徳秋水 大野みち代 / 日外アソシエ-ツ 1982/06 税込¥2,750: 尾佐竹猛 田熊渭津子 / 日外アソシエ-ツ 1983/07 税込¥3,850 : 土岐善麿 冷水茂太 / 日外アソシエ-ツ 1983/07 税込¥3,520: 長谷川.

〔書評〕五味渕典嗣著『プロパガンダの文学 日中. 75-87 和田 崇. 故浦西和彦関西大学名誉教授の業績と研究活動 (特集 浦西和彦の仕事) / 増田 周子 (5):, p. 徳永 直 (とくなが すなお、1899年1月20日 - 1958年2月15日)は、熊本県飽託郡花園村(現熊本市)生まれの小説家。 → ウィキペディア「徳永直」 → kinokuniya「徳永直」 → amazon「徳永直」 → honto「徳永直」 → Sunao Tokunaga From Wikipedia, the free encyclopedia → amazon「Sunao Tokunaga」 徳永直著作目録(トクナガ. 某月某日、こんな論文を読んだ。 内田明「活字史研究書としての徳田直『光をかかぐる人々』に見られる達成」《タイポグラフィ学会誌》 06 、タイポグラフィ学会、 年 7. 余白の削除などで一部分だけ印刷したい場合、または画像が薄すぎる、暗すぎる場合は、下の「詳細設定」をお試し.

『浦西和彦著述と書誌』全4巻 和泉書院『「文化運動年表」明治大正編』三人社、 『文化運動年表 昭和戦前編』三人社 ; 編纂 編集 『葉山嘉樹 桜楓社(近代文学資料)1973 『徳永直』日外アソシエーツ(人物書誌大系) 1982. 浦西和彦 近現代社会における文学・歴史・思想・文化の流れの中で、日本のプロレタリア文学運動は、大きな影響を及ぼした。 大正から昭和のはじめにかけてのプロレタリア文学は、社会の変革をめざして、権力と直接に真っ向から激しく厳しく対峙した。文学者たちが作品のテーマに政治や�. 18-25 和田 崇.

472-477「解題 海に生くる人々」(浦西和彦) 12 筑摩現代文学大系. ISBN:C3395浦西和彦著述と書誌第二巻現代文学研究の基底定価(税込):,750著作者よみ:うらにしかずひこ著者名:浦西和彦著【著書を検索】出版社:和泉書院【近刊を見る】【新刊を見る】【出版社web】発売日:年2月20日ジャンル:散文-近代・現代判. 浦西和彦ウラニシカズヒコ 1941年9月、大阪市生まれ。1964年3月、関西大学卒業。現在、関西大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

定価7,700円 本体7,000円 新・プロレタリア文学精選集 第18巻 徳永直『何処へ行く?』昭和6年 改造社 監修浦西和彦 / 解説紅野謙介. 浦西和彦教授著述目録 一九六八年(昭和四十三年). 浦西和彦編『徳永直全集」の目次案〈特集 浦西和彦の仕事〉 和田 崇 フェンスレス年3月20日 授業実践報告「翻案の効果を考えよう」-附属中学校2年生を対象. researchmap is provided by Japan Science and Technology Agency.

時空を超えて:徳永直没後六〇年記念講演会報告書年10月. 479-494:「年譜・人と文学」(小田切秀雄) 13 日本の文学. 39 (葉山嘉樹,小林多喜二,徳永直).

人物書誌大系 1 徳永直. 作家の自伝||サッカ ノ ジデン ; 38 目次情報: 屍の街 : 残醜点々: 原子爆弾抄: 書誌id: bnisbn:子書誌情報. その他の標題: 大田洋子 : 屍の街 : 残醜点々: 主題: 大田, 洋. 作家の自伝||サッカ ノ ジデン ; 38 目次情報: 屍の街: 残醜点々: 書. 浦西和彦教授参考文献目録 十二日夕刊、中部本社版)二面 久保田正文「同人雑誌採点東・北」(「毎日新聞」十二月五日夕 刊)三面 ママ 清水信「中部の文芸l小説・評論l」(「朝日新聞」十二月六日 一九六七年(昭和四十二年)夕刊、名古屋本社版)四面.

No 徳永直 - 浦西和彦 category 9 - 徳永直の会. 中央公論社, 1974【KH6-42】. 紹介 浦西和彦編『徳永直<人物書誌大系I>』 / 首藤基澄 / p210~.

6 bsh : 日本文学 -- 歴史 -- 近代 bsh. 大田洋子著 ; 浦西和彦編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本図書センター, 1995. Webcat Plus: 浦西和彦著述と書誌, 日本プロレタリア文学の代表的な作家である葉山嘉樹や徳永直だけでなく、これまでプロレタリア文学研究では、なおざりにされてきた前田河広一郎、岩藤雪夫、里村欣三、伊藤永之介、山本勝治らを論じ、荒畑寒村や田口運蔵らの葉山嘉樹宛書簡の復刻は、社会. 36 (葉山嘉樹集). 浦西, 和彦(1941-) シリーズ名: 近代作家研究叢書 / 吉田精一監修 ; 64 書誌id: bnisbn:子書誌情報. 浦西, 和彦(1941-) シリーズ名: シリーズ・人間図書館 ;. jp2) 紹介 デニス・キーン著伊藤悟・井上謙訳『モダニスト 横光利一』 / 神谷忠孝 / p213~. 浦西和彦「徳永直『太陽のない街』発表年月・共同印刷争議・設定年月・絶版について」『国文学』(関西大学国文学会、1973年12月) 国岡彬一「『太陽のない街』--文体と労働者作家 (プロレタリア文学)」『日本文学』(日本文学協会編、1976年6月) 小田実「小説世界のなかで-6-『人びと.

浦西和彦著述と書誌 第2巻 現代文学研究の基底/浦西 和彦(古典文学・文学史・作家論)の作品一覧ページです。最新情報・本の購入(ダウンロード)はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。. 徳永直集 フォーマット: 図書 責任表示: 徳永直著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 新日本出版社, 徳永直 - 浦西和彦 1987 形態: 2冊 ; 19cm 著者名: 徳永, 直 シリーズ名: 日本プロレタリア文学集 ; 24-25 書誌id: bn0118137x isbn:. 定価14,300円 本体13,000円. 浦西和彦編『徳永直全集』の目次案 (特集 浦西和彦の仕事) / 和田 崇 (5):, p. 主題: 日本文学--近代--作家の個人伝記作家研究 タイトルのヨミ、その他のヨミ: ハヤマ ヨシキ: 著者名ヨミ: ウラニシ カズヒコ: 内容目次情報.

共同印刷争議に敗れた徳永直が、昭和二年頃、有志数人で小さな印刷工場を作ったといふ話が浦西和彦編『人物書誌大系 1 徳永直』の年譜に記されてゐて、そのやや具体的な内容が横山和雄『日本の出版印刷労働運動』(一九九八、出版ニュース社)五八三頁に書かれてゐたと以前記した。. オーダーメイド定価 (本体19,600円+税). 浦西和彦氏の大阪関係事典・総覧について : 秋田実に寄せて (特集 浦西和彦の仕事) / 佐藤 貴之 (5):, p. jp2) 紹介 米倉厳著『金子光晴・戦中戦後』 / 阿毛久芳 / p211~. Webcat Plus: 浦西 和彦, 浦西 和彦(うらにし かずひこ、1941年9月8日 - )は、日本の国文学者。 関西大学名誉教授。 専門は近代文学と書誌学。 人物 大阪府生まれ。 関西大学国文科卒。 岐阜県立坂下女子高等学校教諭、岐阜県立大垣南高等学校教諭を経て、1966年谷沢永一のひきにより関西大助教授. 浦西 和彦シリーズ名: 近代文学資料 ; 6 書誌id: kbisbn: (近代文学資料・6:葉山嘉樹) 子書誌情報.

主題: 日本文学--作家; 日本文学--歴史--近代: 分類・件名: ndc8 : 910. 監修浦西和彦 / 解説黒古一夫. ことを願うとともに'7日もはやく徳永直全集の発刊が待たれて文庫で発売中。八八〇円。徳永直研究の輪がもっともっと広がる直。街子。寅雄(中村青史)。以上の六篤である。草葉町の三幸編『徳永直』 (森塚利徳)0編f徳永直し』補遺 (浦西和彦). 【tsutaya オンラインショッピング】徳永直/浦西和彦 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本・漫画やdvd.

浦西和彦編『徳永直全集」の目次案〈特集 浦西和彦の仕事〉. 11 形態: 264p, 図版1枚 ; 22cm 著者名: 大田, 洋子 浦西, 和彦(1941-) シリーズ名: シリーズ・人間図書館 ;. 人物書誌大系 1 『太陽のない街』で注目を集めた、労働者出身のプロレタリア作家徳永直の年譜、著作1,247点、参考文献491点を収録。 浦西和彦〔編〕 A5・210p 1982. 活字史 /01/17 00:40 1 1. 喜二・徳永直〉」三月五日、中央公論社、五二七’五三三頁) *「アイボリーバックス日本の文学調」(中央公論社)に再 録。 「淫売婦」と「海に生くる人々」(関西大学「国文学」八月一日、 一九七一年(昭和四十六年)第四十四号. bookfan for LOHACO ストアの商品はLOHACO(ロハコ)で!【内容紹介】 日本プロレタリア文学の代表的な作家である葉山嘉樹や徳永直だけでなく、これまでプロレタリア文学研究では、なおざりにされてきた前田河広一郎、岩藤雪夫、里村欣三、伊藤永之介、山本勝治らを論じ、荒畑寒村や田口運蔵ら. 5 形態: 458p, 図版 2 p ; 23cm 著者名: 前田河, 広一郎(1888-) 壺井, 栄 徳永, 直 伊藤, 永之.

徳永直 - 浦西和彦

email: jazuqusu@gmail.com - phone:(123) 890-5631 x 7213

「拉致」異論<増補決定版> - 太田昌国 - 金縁の鼻めがね 名探偵ホームズ

-> 新・伝統木構法の展開 - 増田一眞
-> 速習Azure Administrator - 土田晃令

徳永直 - 浦西和彦 - 幼児の遊びと集団づくり 宍戸健夫


Sitemap 1

ツーリズムとポストモダン社会 - 須藤廣 - かわしまよう子 ブータンが教えてくれたこと